ブルーエアの空気清浄機で快適生活。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ブルーエアの空気清浄機で快適生活


ブルーエアの購入や詳細は公式サイトからどうぞ!

世界基準No.1 ブルーエア空気清浄機<公式>
ここ数年、日本では空気清浄機が大人気です。年々猛威をふうるインフルエンザや冬期の乾燥なども空気清浄機の需要を押し上げています。

そこへ「機は熟した(byブルーエア CEOベント・リトリ氏)」と颯爽と参入してきたのがスウェーデンの空気清浄機メーカー、ブルーエアです。5万円以上の高級空気清浄機市場では米国でトップシェアでもある同社の参入は、やはり十分な勝算ありと見てのことでしょう。

※ブルーエア社は本社をスウェーデン、ストックホルムに置く、1996年に設立された空気清浄機専業メーカーです。現在、世界42カ国で製品を展開しています。

ブルーエアの独自の視点に基づいた高性能な空気浄化システムと北欧ならではのスタイリッシュなデザインは、空気清浄機の高級ブランドとして欧米をはじめ、世界42カ国で支持されています。

利用者は、一般家庭のみならず、世界各国の病院や、スイスでは高級時計の工房、アメリカでは大手コンピューターメーカーのリペアセンターなど、清浄な空気環境を重視される、さまざまな企業で導入されています。


ブルーエア450E(21畳タイプ)Joshin web

私が感じるブルーエアの強みは『空気清浄能力の高さ』『メンテナンスの簡単さ』『デザイン』です。以下、簡単にレビューしてみます。

『空気清浄能力の高さ』について

『メンテナンスの簡単さ』

『デザイン』について

ブルーエアの弱点として挙げられそうなのは3つ。『加湿機能がない』『あまり売っていない』『日本での耐久性の実績がない』です。

『加湿機能がない』について

『あまり売っていない』について

『日本での耐久性の実績がない』について

私としては、ブルーエアのような質実剛健な家電が日本でも人気を博してほしいと思います。携帯電話などに代表してみられるように、日本のメーカーは小手先の付加価値に走り過ぎているような気がします。電話ならば「通話品質が最高にきれい」とか「どこでもつながる」とかの主機能を優先して追求して欲しいと思います。もちろん空気清浄機ならば「空気の清浄]をとことん追求してほしい。ブルーエア、そして国産メーカーの切磋琢磨を期待したいです。

 



ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank